女王様コラム
現在 10件表示 
32789  

i-mode  検索  

 コメント・感想投票をどうぞ!


クイックアクセス

[15] フットネイルを夏仕様 ...   [14] テイクアウトで   [13] 閲覧注意   [12] ビフォーアフター   [11] 傘   [10] 私の犬になりなさい   [9] 本当の地獄を知らない ...   [8] フェチとマゾ   [7] 人間灰皿第一号   [6] お知らせ   


(2019/07/09 13:13:12 〜 2019/03/17 19:44:28


  [15] 無題 2019/07/09 13:13:12 


フットネイルを夏仕様にしたので見せつけてやった。

でもこれ多分見えてないね(笑)

いつもありがとう(^-^)

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [14] テイクアウトで 2019/06/20 14:19:05 

ある日ツイッターからコンタクトを取ってきたマゾ。

話を聞くと、私の聖水をペットボトルに入れて持ち帰り、人混みの中で飲んでみたいと言う。

能動的な変態は嫌いじゃないなと思い快諾し、当日を迎えた。

部屋のドアを開けると、そこには既に土下座で待ち構えるマゾがいた。

望み通り、挨拶もそこそこに頬に張り手を食らわし唾を吐きかける。

自分の中でどんどんテンションが上がるのを感じた。

聖水も普通に飲ませるのではつまらない。床に置いたペット用の皿にたっぷり注ぎ、それを這いつくばって啜るマゾを上から踏みつけ、醜い姿を写真に収める。

そして望み通り、ペットボトルの中にも聖水を注ぎ、「これを人混みの中で飲む姿を写真に収めて送るように」と命令した。

最後に鏡の前でマゾを締め上げながら撮影をしていた時に、自分の目の色が変わっていたことに気づいた。よっぽど興奮したのだろう。

事前に打ち合わせをして、プレイまでに気持ちを高めておくのもまたいいなと思ったそんな時間だった。






マゾと別れてすぐ、例の写真が送られてきた。本物の変態がそこには写っていた。

晒しあげてやりたいけど、これは私の記憶の中だけに留めておこうかな。


美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [13] 閲覧注意 2019/06/09 16:43:43 

この度汚物フェチの要望に応えて生まれて初めて意図的に嘔吐してみた。

指を喉に突っ込んでいざ、と思いきや下を向いて軽く嗚咽するだけでフェチの顔面はたやすく汚れていった。

意外な自分の特技に気付きつつ、ここでしか使い所無いよなぁなんて。

仰向けに横たわったそいつは、恍惚とした表情で私から吐き出された唾、痰、吐瀉物を顔やチンポに塗りたくる。

辺りに立ち込める異臭、
その中で淡々とかつにこやかにお互いの性癖について語る異様な光景。

やっぱり私は普通じゃない事に興奮するみたい。でも普通って何だろうね。

そういった固定概念や常識、自分の中にも「普通の人間」がいるからこそ「異常」を楽しめるのかもしれないなぁなんて思ったひと時。





なんだか私は割と繰り返しかつすんなり吐けるタイプみたい。

というわけで、ご要望があれば(飲み物か食べ物をお持ち込み推奨)反芻プレイ可能です。

今のところはチャレンジ期間なので、ご要望があればその場でも応えられる感じでやってみようかなって思ってるよ。

我こそはという汚物マニア、美弥様の為なら…という可愛らしいマゾの皆様、お待ちしてます。

美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [12] ビフォーアフター 2019/05/31 14:15:32 

そのマゾは一回目に会った時約束した通り、剃毛用の剃刀を持参してきた。

「アナル周りの毛を無くしてもらい、生え始めたらまた美弥様に剃って頂きに参ります」

との事。

開脚椅子の上でケツマンコを晒して私に剃毛される姿を鏡越しに見て、興奮するマゾ。

つるつるにしてあげたところでアナルに剃刀(優しいから持ち手側)をぶち込んで記念撮影。

その後(ちょっとしたハプニングはありつつも)鞭を何度も浴びせ、その鞭さえ「自分にとってはご褒美」だと言う。

散々辱め痛めつけた後にはご褒美を与えた


懇願して来た通りに乳首を唾まみれにしていじ繰り回してやる。千切れそうなくらい巨大化したマゾ乳首は少し捻るだけで血が滲む。

ひ弱なアナルと敏感な乳首から血を流しながら

「私は美弥様の専属奴隷です」

とうわ言のように繰り返していたけど、そんな事は口で言うだけなら簡単なの。

これからもっと私の為に醜い姿を晒して、苦痛に耐えて、楽しませてくれなきゃ。

次に会った時のお楽しみを約束してお別れ。

ばっちり準備したから心して掛かって来なさいね。

美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [11] 2019/05/07 18:00:14 

毎年この時期になると何処からとも無く漂ってくる、甘ったるいような生々しいような、生命が熟しきった時に発する腐敗臭に近いような匂いが大嫌いだ。

私はこれを勝手に春の匂いと呼んでいる。子供の頃に親に訴えかけた事があるけど、何のことか分からないような怪訝そうな顔をされただけだった。

そっか、大人には分からない匂いなのかななんて思っていたけれど、いい大人になった今でも相変わらず、毎年この匂いと共に春の訪れを感じている。

例に漏れず今年も。だけど今年はひとつ新たな発見があった。

ジムの帰りに近所を歩いていると、普段は見過ごすような場所に大量の白いツツジが咲いていた。

それを見つけた時にふと、あの匂いが漂って来たのだ。

雑然とした街並みには不釣り合いなほど可憐に咲く花。

そうか、お前たちも春を待ちわびていたんだね。

むせ返るような甘い香りの中でぼーっとそんな事を考えていた。

あぁ、やっぱりこの匂い、好きにはなれないな。

美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [10] 私の犬になりなさい 2019/05/02 20:07:35 

ファーストインプレッションってすごく大切。

一目でマゾだと分かる目、まだ服従を知らない目、期待に踊る目、恐怖が見え隠れする目…

そいつはひと目で「従順なマゾだ」と分かった。

私の事を「理想の女王様」などと言い褒め称える。

でもそんな事は興味が無い。いかに苦痛に耐え忠誠心を示せるかどうか、私が楽しめるかどうか行動で示す事こそが重要。

縄で後手に縛られ鞭を受け、乳首を飾り付けられ口輪で言葉を奪われ、しまいには最初は躊躇していた人間灰皿にまで成り下がり。

最後は私の足で呼吸まで奪われ、そのまま果てたね。

言葉だけではない事を自ら証明したマゾ。

ただそれは、次回へのハードルを上げることにもなるけれど。

何はともあれ、これからが楽しみなマゾでありました。またお会いしましょ。


美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [9] 本当の地獄を知らないお前へ。 2019/05/02 19:39:50 

抜き地獄コースで予約してきたとある子。

抜き地獄と言うからには自分の精力にさぞ自信があるのだろうねと問いかけたら「自分の限界に挑戦したいです」などと抜かす。

それならばと、アナルに指を入れ前立腺を刺激してやる。同時に粗末なブツをしごくとあっという間に射精した。

そこから間髪入れずに待機しておいたペニバンをぶち込む。

自分の精液にまみれながら汚い喘ぎ声を上げるマゾ。

鏡の前に立たせてバックからもケツマンコを突き上げる。

顔を真っ赤にさせながら息を荒らげるマゾに「つらいの?」と聞くと「気持ちいいです…」と弱々しく鳴く。

結局一度しか射精出来なかった役立たずではあったけど、射精後の余韻をかき消すように犯し続けるのはなかなかの快感でした。

ペニバン、自分のブツより大きくないと物足りなかったかもね。

美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [8] フェチとマゾ 2019/04/01 17:19:47 



自称「脚フェチ」で「痛いのは苦手」なんて言っていた彼。



最初はただひたすら私の足をマッサージしながら恍惚の表情を浮かべていた変態だったけど、突然「ビンタして欲しいです」と懇願し始めて、最終的には顔騎で呼吸管理されながら射精してた。ばっちりマゾじゃねーか。



マッサージ中の私はと言えば、ただ煙草吸いながらお茶を飲む優雅な午後のティータイムでした。



最後に「印象に残る女王様」って言ってくれたね。



それが悪い意味かいい意味かなんて私には分からないし、どちらでもいい。



良くも悪くも誰かの心に爪痕を残すのは私にとっての快感かもしれないな。



そして近いうちにまた会いに来た足フェチさん。



今度はフットマッサージ用のジェルを持ち込むという従順ぶりで、なかなかの高評価。



次は何して遊ぼうかな?もっともっと世界が広げられる気がするんだよね。楽しみにしてるよ。



あとお土産もありがとね、美味しく頂いております。



写真は二度目の時の。
靴底を舐めさせられて喜ぶドマゾに進化したね。




美弥
Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [7] 人間灰皿第一号 2019/03/17 19:28:42 




先日会いに来てくれたのは二度目ましての女装趣味なマゾ。



ピチピチのセーラー服に着られて、照れ臭そうにドアから顔を出すの。間抜けで哀れで笑っちゃう。



この前と同じように、如何に自分が淫乱な雌豚であるかをマゾの体に書き記して、仕上げにそのだらしないワガママボディ(笑)をビニールで拘束し、電マ責めにしてみた。



途中からは目隠しも加えつつ寸止め地獄の刑に処したのだけど、あまりにも楽しすぎて延々と繰り返してたら射精するタイミングを失ってしまったマゾでしたとさ(笑)残念でした。



そしてこのマゾ、優秀な人間灰皿でもある。



この日も美味しそうに私のタバコの灰や煙を飲み込んでいて、なかなかのタフさだったわ。ていうかそれお腹壊さないの?



今度来た時は何しようかな?
増えていくお道具たちを笑顔で眺めながら考えてるよ。また虐められにおいでね。



美弥



  この記事は このアドレス で表示できます。


  [6] お知らせ 2019/03/17 19:44:28 

ここすっっっっかり放置していたわね🤷



実は最近Twitterを始めました。
これからはそちらの更新がメインになると思う。


@MIYA17455168
https://mobile.twitter.com/MIYA17455168


フォローはご自由に。
DMは解放してるけど、意味の分からないメッセージは総じて無視させて頂くね。
よろしく。


出会ったマゾ達の写真なんかはこれからもここに載せるかな。
Twitterだと凍結されるわ多分(笑)





  この記事は このアドレス で表示できます。




 
CoolNote2 Ver 3.3

---++(C) Copyright I.T.F. All rights reserved. ++----